外貨預金との違いについて

外貨預金も外貨MMFも円を外貨に替えて預金したり運用したりするので、円高のときに預けて円安のときに引き出すという基本は変わりませんが、両者には違いがあります。

最も大きな違いは外貨預金の場合は取り扱い金融機関によって外貨での引き出しやトラベラーズチェックの作成、外貨での送金ができる場合もありますが、外貨MMFでは引き出すときには円に替えて引き出し、トラベラーズチェックや外貨での送金はできないという点です。

よって海外旅行を頻繁に行う人は外貨預金の方が使い勝手がいいということになります。

しかし、手数料が外貨預金の方が高く、リスクも外貨MMFが為替リスクのみであることに対して、外貨預金は為替リスクに加えて信用リスク(銀行の倒産)もありますので、外貨MMFの方が初心者向けの商品だと言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です