外貨MMFの特徴

外貨MMFは投資信託の一種です。

資産運用のプロが投資家から資金を集めて様々な金融市場に投資を行います。

その中でも外貨MMFでは安定的な収益を確保するために、短期の債権を中心に運用を行っています。株式はリスクが大きいので安定した収益が期待できないという理由で、いっさい組み入れられていません。

購入単位は10ドル以上1セント単位で販売しているところが多くなっています。

信託期間は無制限でいつでも購入や解約をすることができ、為替手数料以外の手数料はいっさいかからないので、投資の初心者でも手軽に始めることができます。

リスクは抑えながらも外貨の定期預金よりも高い金利を得たいという人に向いた金融商品であると言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です